都立中学専門の塾に通って合格を目指すのであれば、塾に通う前に身に付けておくべき能力があります。どんな能力を身に付けなければならないかというと、文章を書くのが苦ではない能力です。都立中学の受験では、自分の考えを文章に書く問題が出題されます。試験時間は決められているので、与えられた時間の中でいかに自分の考えを書けるのかが勝負になります。

文章を書くのが苦手だと、何を書こうか考える時間が長くなってしまうので、最後まで書ききれないことが多いです。それではどうやって文章を書く能力を身に付ければいいのかというと、正しい文章を書き写すことです。文章を書くことが苦手な子は、文章の構成を知らないことが多いと言えます。正しい文章を書き写すことによって、文章の構成を自然に身に付けることができ、自分の考えを構成に沿って書くことができるようになります。

どのような文を書き写せばいいのかというと、新聞の中にある天声人語などがおすすめです。天声人語は決められた文字数の中で文章を書かなければならないので、構成力が高いと言えます。こども新聞の中にも天声人語があるので、それを定期的に書き写していくようにしましょう。慣れたらそれらを要約をするのが最適です。

要約ができるようになれば、かなり文章力が上がったと言えます。こども新聞を定期的に読むことも大切です。こども新聞には子どもが興味を示すような科学などの内容から自治問題まで網羅されているので、都立中学の受験対策にもなります。このようなことを行ってから、都立中学専門の塾に通って、受験を目指すのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です