教育にタブレットの使い方や、使って何ができるかということを教えることは、そろそろ必要な時代です。例えば、「分からない漢字があってそれを調べる」ということが、学校であったとします。ここで、アナログの辞書を使ったとすると、読み方を見て、ページをめくって、ページ内から探して、という行為をしなくてはなりません。ここで、タブレットを使用したら、分からない漢字程度ならすぐに出てきます。

効率的な方法をとる、無駄な時間を取らない、短い時間でできる方法を選ぶ、という意味合いでは、教育の場でタブレットは必須でしょう。また、学校で新聞やニュースをチェックする場合でもそうです。例えば、紙媒体で同じようなニュースが、各紙面でどのように報道されているか、どのように扱われているか、比較するとします。その場合、図書館などで新聞を大量に仕入れるか、生徒に順番待ちをさせなくてはいけません。

しかし、タブレットを使用するとなると、新聞や雑誌をオンライン上で公開してある数だけ読めますし、さらに言えば、教科書や問題集も紙媒体のものを持たなくてもよくなります。毎年、新しい教科書、問題集を教育の場で買わなくてもよくなるので、保護者の教育費負担も小さくなります。タブレットは、どのメーカーのものを使うにしろ、便利で面白く、また初期費用の他の変動費用は高くなく、教育の場で活躍するものです。起業に入り、いきなり使い方を叩き込まれるよりは、学生時代、生徒時代に使い方に慣れておき、将来に備えておくことも、必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です