初めてwindowsのタブレットを手に入れる場合、どう活用していいかわからないことも多いでしょう。しかし、windowsタブレットはandroidのタブレットとは異なる利点が多くあります。まず、windowsであるため、wordやExcel、PowerPointといったソフトが標準で使えるようになっています。加えてoffice365がセットパックになっているものであれば、パソコンと遜色ない機能を利用することができます。

パソコンと変わらない機能が使えるということは、重いノートパソコンを持ち歩かなくても移動先で仕事や作業ができるというメリットがあります。また、Bluetooth式やマイクロUSB端子で繋げるキーボードを活用することで、打ち込みが楽になり作業効率がぐんと向上します。言うならばパソコンの半分以下の重さのノートパソコンを手に入れるようなものです。それだけではありません。

タブレット端末の利点として、スマートフォンでは見づらかった動画も大画面でしっかりと楽しむことが出来ます。字幕の文字が潰れることもありません。そして動画などの感想をまとめたくなったときも、パソコンとの互換性が高いWordをすぐに起動して打ち込むことが可能です。添付ファイルにしてメールでパソコンに送信したり、onedriveに保存することでパソコンとの共有が一気に簡単になります。

他のタブレットでは出来ないofficeシリーズの作業メリットを活かし、普段パソコンでやっていることを手軽に外出先で行うという感覚で活用するのがピッタリです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です