タブレットと言えば、iOSが採用されたiPadが非常に有名です。タブレットイコールiPadだと認識するユーザーの方々も少なくはないでしょう。まさにiPadはその分野の代名詞です。ライトユーザー層に嬉しい簡単なインターフェースがあり、文字通り説明書を読まずにサクサク使えます。

ただし、iPadは初心者には嬉しい利点が多々ありますが、パソコンを使い慣れた、ある程度、デジタル機器に精通する人々からすると、拡張性に物足りなさを感じます。またiPadにインストール出来るソフトは原則として、公式の物だけです。windows関連のソフトはインストール出来ず、いわゆるwindows党の人々が、長年にわたって集めて来た豊富なソフトは一切入れられません。iPadが世間的には非常に有名ですが、windows製のタブレットはしっかりと販売されています。

厳密に言えば、タブレット型のwindowsPCであり、そのメリットはパソコン用のソフトが全て使える点です。またOSがwindowsですので、iOSのような拡張性の低さはないです。ユーザーの好みに合わせて壁紙を変更したり、マウスやキーボードを自由に追加したり、レジストリをカスタマイズして楽しく使えるのがメリットです。またiPadよりも選べるモデルが豊富なメリットもあり、各メーカーが色々と独自に製品を出しています。

更に費用対効果もiPadよりも高く、数万円で立派なモデルがGET出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です