SFAはSalesForceAutomationを省略したもので、日本語では営業管理ツールや営業の自動化などと呼ばれます。営業部の業務過程を自動化したり、より効率化するためのICTシステムの1つです。ICTとはInformationandCommunicationTechnologyを略したもので、情報とコミュニケーションに関する技術を意味します。このツールに似たICTシステムにはCRMがありますが、営業過程の自動化ではなく顧客情報の管理と情報活用に特化しています。

CRMとはCustomerRelationshipManagementを略したもので、顧客関係管理や顧客管理などと呼ばれます。顧客情報を管理する点でSFAとCRMは共通していますが、最終的なデータの利用方法は全く異なります。一般的にCRMツールの多くはSFAの機能を内包しています。SFAを導入すると営業過程の一部を自動化したり、業務効率を向上させたりすることができます。

顧客とコミュニケーションを取る時間を増やし、成約率や契約率を向上させることが可能になります。効率的な営業活動によって業績を向上させるには、正確な顧客情報が重要な役割を果たします。このツールには顧客の社名や所在地の他に電話番号や担当者など様々な情報を管理する機能が備えられています。役職や過去の商談履歴の他に名刺情報なども管理できるので、担当者同士で営業活動が重複するなどのトラブルを回避できます。

このツールには営業案件に関する詳細な情報を管理する機能もあり、見込み客からの問い合わせを受注につなげるのに役立ちます。営業先の企業や担当者の他に提案する商品やサービス、商談の進捗状況や受注見込みの確度など様々な情報を管理できます。効率的に営業活動を行いたいのであれば、SFAを導入するとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です