SFAとはSalesForceAutomationを省略したもので、日本語では営業支援システムなどと呼ばれています。営業を支援する手法やツールを指す言葉で、営業担当者が商談を開始してから受注に至るまでの進捗状況を可視化して活動を管理します。営業担当者の業務には顧客リストの作成やアポイントメントの取得、見込み客への情報発信や訪問による商談など様々なものがあります。提案書や見積書、企画書の作成の他にクレーム対応や顧客のフォローなども営業担当者の仕事です。

営業担当者は様々な業務をこなさなければなりませんが、繰り返し業務や定型業務が多いためツールを導入すれば効率化できます。SFAは営業の効率化に不可欠なツールとされており、多くの企業が導入しています。効率的にこのツールを導入したいのであれば、MAと連携させるとよいでしょう。MAとはMarketingAutomationを省略したもので、収益の増加を目的としてマーケティング活動を自動化するツールです。

このツールを導入すると、見込み客ごとの興味・関心に合わせたコミュニケーションが可能になります。SFAは見込み客のフォローを効率的に行うためのツールですが、MAは見込み客の獲得や育成を目指すマーケティング活動を効率化します。これらのツールを連携させると、単体で使うよりも多くの成果を期待できます。SFAには顧客管理や案件管理の他に見積書作成や行動管理、売上予測など様々な機能が存在します。

MAには見込み客を管理してスコアリングする機能やキャンペーン管理機能、メールマーケティング機能などがあります。効率的な営業活動によって売上を増やしたいのであれば、SFAとMAを連携させることが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です