SFAは営業支援に使われるシステムで、生産性の向上に繋がるため多くの企業で導入されています。営業部門の業務プロセスを自動化して情報を分析できるSFAは、売上の拡大に貢献できます。SFAには、ビジネスを円滑に進めるための様々な機能が備わっています。顧客管理機能を使うと顧客の基本的な情報や担当者、商談履歴など必要なデータを把握できます。

営業活動では担当者が様々な案件を持っていますが、案件管理機能を使うと案件ごとの進捗状況を素早く取り出せます。商談の進捗具合や受注の見込み、売上金額の情報も詳しく記録できます。行動管理は営業担当者の行動や結果を記録する機能で、訪問回数や受注率などの情報を蓄積して管理します。管理している情報を分析すれば、営業担当者の活動を正確に評価できます。

予実管理は、積み上げられたデータを踏まえて多角的な基準で実績を可視化できる機能です。実績と予算を比較すれば、目標の達成状況を正確に把握できます。営業活動に必要な週報や日報などの活動報告をサポートするレポート管理は、パソコンやスマートフォンを使って簡単に報告を完了できる機能です。マネージャーなどの管理者は、レポート管理を見るだけで営業担当者の成果を把握できます。

SFAには様々なメリットがありますが、営業活動の視覚化は大きなメリットです。営業活動のプロセスや顧客との関係を可視化すれば営業の進捗状況を共有でき、分析にも活用できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です