少し前まで、特に外回りの多い営業マンなどは、ノートパソコンを持って出先に行っていたものです。重いパソコンをわざわざ持って歩かなければなりませんでした。資料を移動中に作成したり、本社に営業報告のレポートを提出したり、メールの確認やアポイントメントの状況など、確認しなければならないこともパソコンでないと難しかったものです。しかし、最近は重いノートパソコンに代わってタブレットを利用する企業が増えています。

確かにスマートフォンも普及してきましたが、スマートフォンでは容量に限度があり、また画面も小さいのでメールの確認や、資料の読み込みには不向きです。また、入っているOSも限られているので、会社で使用しているビジネス用のOSと互換性がない場合もあります。ビジネス用にタブレットを使用する利点はまず、持ち運びに便利なコンパクトで軽量であること、そしてビジネス用OSを入れることが出来、会社で作成している資料をタブレットでも添削、修正することが出来ます。出張先や相手先の会社でも、修正を簡単に入れることが出来ます。

相手先でのミーティング中に色々と要望が出て、修正することも多々あります。そのような場合でも、相手を待たせることなく、確認、修正することが出来るのはビジネスの世界では大変重要です。また、タブレットは一般にノートパソコンよりも安価であるため、社員数の多い会社でも初期導入費用を抑えることが出来ます。インサイドセールスのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です