SFAとは「SalesForceAutomation」の略称で、日本語では「営業支援システム」と解釈されています。具体的には企業の営業部門における情報及び業務プロセスを自動化することで、営業活動が管理するを情報全般をデータ化して、蓄積や分析することができるシステムを指します。SFAが登場したのは1990年代で、当時は操作できる人材も少なく利用する企業もあまりなかったですが、近年パソコンやスマートフォンの普及によって、これを扱える人材が増え、企業規模を問わずにSFAの導入が進んでいます。SFAとは、導入することによって営業プロセスの一部を自動化したり、業務効率を向上されたり、顧客とのコミュニケーションに時間を増やして契約率の向上を実現させることができます。

顧客情報を管理する機能であり顧客管理や営業活動における案件ごとの新曲状況を管理する案件管理、営業活動における行動の結果を記録する行動管理、予実管理やレポート管理などを行うことが可能で、企業や営業部門に欠かせないICTシステムとなっています。また、SFAとは上記に挙げた複数の管理を行うことによって、営業活動におけるプロセスや進捗状況、顧客との関わり方などを可視化することが可能で、これまでブラックボックス化してた営業活動が目に見える形となりました。可視化することによって、リアルタイムに進捗状況が把握したり共有できるようになる他、売上予測やデータ分析など幅広く活用することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です