SFAの活用方法は企業によって異なります。参入している業種や携帯、顧客の属性などによっても使い方は変わってくるでしょう。しかし、いずれの場合もSFAは営業部門の活動に役立ち、社員を支えてくれるツールとなっています。導入に多少のコストは必要となるものの、社員のみならず顧客の満足度の上昇を目指せることを考慮すると、社内で使用するツールの選択肢に入ってきます。

営業活動は社員の手腕によるところが大きく、ブラックボックス化していることも多々あります。営業部の活動を管理し、契約までの計画を立てようとしても、担当社員しか取引先の情報を知らないといった事態も十分にありえるでしょう。SFAで管理を行うことにより担当社員がどのような営業活動を行っているのかが明確になり、プロセスに対して計画が立てやすくなります。リソースをどれくらい導入するべきなのか、契約までどれくらいの日数がかかるのかなども判りやすくなり、全体的な進捗の管理に活用できます。

また、集約した情報を分析することで、自社の強みを見つけることもできるでしょう。多数の顧客にアピールを行っているのに成約率が低い、資料の請求から本格的な契約までたどり着かないなど、営業部門が抱える悩みは多様です。新規顧客を獲得できない、リピートが少ないなどもよくある悩みです。データ分析から見えてくる現状から問題点の改善を行い、契約律のアップへと繋げることができるようになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です