オフィスオートメーションに変わる仕組みとしてもともとはアメリカで提唱されていたSFAですが、インターネット環境やインフラの発展に伴い、日本でも多くの企業に普及しています。これまで行なってきた営業周りの処理を、自動化することにより、社員の利便性と顧客満足度の上昇を目指すこともできるでしょう。SFAによって入力の自動化や軽減などが可能になるため、書類で情報を管理するよりも入力間違いなどが少なくなるのも魅力です。一般に営業部門は社員1人1人の負担が大きく、一つの取引先に対しては特定の社員しか担当として関わっていないという例も多々あります。

顧客側と関係性を深めるためにも必要な方法ではあるものの、すべてを担当する営業社員の負担は大きくなりがちです。もしもすべての情報や取引を担っている担当社員が退職した場合、どのような契約を結んでいたのかも判らずに困ることになるでしょう。SFAはこのような事態を避けるためにも役立つツールです。SFAに入力された情報は部内で共有され、案件に対して誰でも対応が可能になります。

チームでの対応によって社員の負担を減らし、万が一退職をした場合にもスムーズな引き継ぎができるようになるでしょう。取引をすぐに再開できるため、顧客に迷惑をかけることもありません。また、担当者の日程やスケジュール管理、上役への報告、進行中の案件のタスク管理などもSFAで行えるなど、メリットの多いツールとなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です