SFAは営業支援ツールで、属人的で把握しにくかった営業の業務を一元管理できるようにします。効率化がもとめられるビジネスの環境で欠かせないツールになりつつあります。従来は個人が自分で管理していた顧客の情報や商談の進捗、他社との比較や失注の情報まで、共有することで組織としての情報にすることが可能です。SFAの基本的機能として、顧客や案件、商談管理があります。

顧客情報については全ての情報の元となるデータです。そのため最初に入力して、そこから他の情報を紐づけていきます。案件情報は注文や問い合わせから始まります。依頼されたサービスや製品についての情報や時期と数などなるべく詳しく記録を取ることが重要です。

納品までの時間なども顧客満足度につながる重要な指標になります。SFAで最も重要な機能として考えられているのが商談管理です。状況をリアルタイムで確認することで失注を減らす効果があります。全ての商談が必ずうまくいくわけではありません。

場合によっては、他社との比較によって劣勢になることもあるでしょう。そんな時に担当者任せにするのではなく組織として対応することが重要です。情報を共有することでそのような状況把握を早い段階で察知することができて、手遅れになる前に対応することが可能です。不満の解消や新たな提案などを行うことができれば、成約につなげることができるかもしれません。

このようなケースを蓄積することで、次のアプローチの時に役立ちます。SFAのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です