CRMとはCustomerRelationshipManagementを省略したもので、日本語では顧客関係管理と呼ばれるツールです。このツールには顧客情報の収集や蓄積、分析や共有など様々な管理機能が備えられています。購買履歴に基づいた戦略的なマーケティングや営業を可能にするため、多くの企業がこのツールを導入するようになりました。多くの業種や業界で市場が飽和した状態にあり、売上を増やすためには多様化した顧客のニーズを掴む必要があります。

顧客や案件に関する情報を一元的に管理し、きめ細かな営業活動を行って売上を増やすためにこのツールが使われています。CRMを導入すると顧客や案件に関する情報が一元的に管理されるため、組織的な営業活動が可能になります。このツールを導入していない企業では顧客や案件に関する情報を特定のスタッフが独占し、効率的な営業活動を行えない可能性が存在します。CRMを使えば情報を一元的に管理するため、営業ノウハウなどが組織全体に蓄積されます。

過去の商談などの情報を参考にしながら最適な営業手法を選べば、効果的に売上を増やすことが可能です。CRMを導入すると部署間で情報が共有されるので、担当者が不在時に何らかのトラブルが起きても素早く対応できます。きめ細かなサービスによって顧客満足度を向上させることが可能です。このツールには商談の日程を自動的に調整する機能などもあり、営業担当スタッフの負担が大幅に軽減されます。

また蓄積した顧客情報を分析すれば、属性ごとに最適なマーケティング戦略を立案できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です