CRMツールを導入することで得られるメリットに、営業担当の負担および属人化の軽減が挙げられます。顧客と接する機会が多い営業担当だけが情報を把握しているという事態を改善し、社内にデータや状況を共有できるようになります。急な問い合わせがあった時の対応がスマートになる上に、担当者が異動および退職する際にも引き継ぎがスムーズになるなど大きな利点です。また営業担当が全て処理しなければならなかった業務を、他の部署に割り振ることで担当がよりコア業務に携われるというメリットも見逃せません。

またCRMツールの導入によって、部署同士の情報共有が容易になる点もメリットの1つです。従来であればメールや書類のやりとりが必要でしたが、CRMのシステム画面にアクセスすれば情報を閲覧できます。共有のための雑務が削減できる上に、担当者が不在の際の対応もスムーズになります。顧客満足度の向上が見込める点も、CRMを駆使する上での利点です。

顧客一人に対して氏名・住所や生年月日といった基本情報をはじめ、購入した商品や日時・担当者などの履歴に加えて累計売上・次期購入予想といった分析データまで出力できます。これにより顧客にマッチした、的確なサービスやアプローチが可能です。個別の顧客に対して最適なサービスを提供し、良好な関係を築き上げることで顧客満足度が上昇するという仕組みです。なお顧客全体の傾向も分析できるため、新たなマーケティング戦略を立てる上でも非常に有用となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です