SFAとはSalesForceAutomationのことで、日本語では営業の自動化や営業支援システムなどとも呼ばれています。このツールは営業担当スタッフの業務プロセスを自動化したり、効率化を図るために使われます。似たようなツールにCRM、CustomerRelationshipManagementがあります。CRMは営業プロセスの自動化ではなく顧客情報の管理と活用に特化システムで、最終的なデータの出力は全く異なっています。

SFAとは営業活動の効率化を目的とするツールであり、CRMは顧客との良好な関係を構築・維持するために使われます。顧客に関する情報を一元的に扱い、きめ細かな効率的な営業活動を行えば売上の増加につながります。SFAとは営業活動の効率化によって顧客ごとに最適なアプローチを行うためのツールなので、顧客と良好な関係を構築・維持するCRMの一部に含まれます。このツールが登場したのは1990年代で、現在のようなパソコンが少なく操作する人材も不足していました。

当時は非常に高価なシステムだったため使用できる企業が限られていましたが、現在はパソコンやスマートフォンを使い簡単に操作できるようになっています。クラウドサービスも登場してさらに導入のハードルが下がり、規模を問わず多くの企業がこのシステムを使うようになりました。営業担当スタッフは顧客リストの作成やテレアポ、各種書面の作成や見込み客への情報発信など様々な業務をこなさなければなりません。SFAを導入して繰り返し業務や定型業務を自動化すれば、スタッフの負担を軽減して生産性を高めることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です