SFAとはSalesForceAutomationを省略した言葉で、日本語では営業支援システムや営業の自動化などと呼ばれています。営業効率の向上に欠かせないツールとされており、導入する企業も徐々に増えつつあります。このツールは、営業スタッフが商談を開始してから受注に至るまでの進捗状況を可視化して管理します。営業スタッフの業務には顧客リストの作成や各種書類の作成の他に、見込み客への情報発信や訪問による商談など様々なものが存在します。

クレーム対応や既存客へのフォローなども営業スタッフが行うため、業務の効率化が求められています。SFAとは様々な機能を備えたツールであり、顧客や取引の情報を効率的に管理して営業スタッフを支援します。営業スタッフの業務は多岐にわたりますが、繰り返し行われるものや定型的なものも少なくありません。このツールを使えば繰り返し業務や定型業務を自動化できるため、スタッフは見込み客への情報発信など売上増加につながる重要業務に専念できます。

一般的にSFAとは様々な機能を備えた営業支援システムを指しており顧客や案件の管理の他に見積書の作成やプロセス管理、売上予測などが可能です。例えばSFAの顧客管理機能は社名や所在地、連絡先や担当者の指名など様々な情報を一元的に管理できます。これまではこれらの情報を特定の営業スタッフだけが独占していたため、引き継ぎが上手く行われないことがありました。SFAの顧客管理機能は問い合わせや取引履歴などの情報を一元的に管理するため、重複セールスを防いだり引き継ぎをスムーズに行うのに役立ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です