SFAとは営業支援システムのことで、営業担当者がスムーズに業務を遂行できる機能を揃えています。従来の営業では顧客についての情報は担当者のみに留まる傾向があり、部署や社内全体での共有が進まないなどの問題を抱えていました。SFAの登場によって顧客情報をデータ化し、共有が可能になったことにより、営業の生産性アップに繋げることができるようになっています。営業担当者の業務をサポートするSFAとは、そもそもSalesForceAutomationの略称であり、顧客情報の管理に加えて分析なども含まれています。

これは顧客管理システムCRMにも含まれる機能となっているため、企業やシステムによってはCRMの一環として扱われることがあるのもポイントでしょう。顧客管理についてはさまざまなシステムが存在する中、SFAの導入メリットは営業の可視化にあります。顧客情報に加えて現在進行中の案件の管理、過去の案件の記録、担当者の行動管理などもまとめて行えるため、部署内で密な連携を取ることができるでしょう。また、営業部門に必須となる日々の活動報告なども。

SFAで手軽に行うことができます。レポートの存在によって管理者のチェックも簡単になる他、これまで面倒だった活動報告の作成もフォーマットに沿うだけて楽に行えるようになり、担当者の負担の軽減にも繋がっています。SFAとは営業活動をサポートし、情報の共有などで業務をより円滑に進めることができるシステムです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です