Skip to content

マンションのユニットバスをリフォーム

マンションで採用されている浴室はほぼ全てユニットバスに統一されています。ユニットバスというのは予め工場にて天井をはじめ壁やパネル、床や浴槽といった部分を制作し、現場にて組み立てを行なうだけで完成するという画期的な製法です。組み立てやすいという事は、後々リフォームも行いやすいので、作業が早い場合は解体を開始してから組み立てが完了するまで2日で完了する職人も居るほどです。そこで、マンションの風呂場をリフォームするのであれば注目すべき点があります。

それは、従来よりもユニットバスのサイズが大きくさせられる可能性があるという事です。つまり、全体的に広くなり快適に過ごせるようになる確率が高いのです。その理由は、以前と比較した場合設計自体が小型化されているので、建造物を建築した当時は入れることができなかった大きさのユニットバスを入れられる場合があるためです。ただし、必ずしもこれまでよりも大きなサイズにさせられるわけではないので、専門家に入念に現地調査を依頼すべきです。

そして、リフォームは面積に限らず機能性を高められる点にも注目すると良いです。古いユニットバスの場合は追い焚き機能が付いていないので、リフォーム時に追い焚き機能を追加すると時間が経ってからも温かい湯に浸かることが可能です。一見難しそうに感じられるのですが、同時期に給湯器を交換したり配管も見直すことによって思っていたよりも簡単に済むものです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *