Skip to content

名古屋でトイレつまりトラブルのよくあるパターン

トイレのつまりトラブルが名古屋でもよく起きていますが、普段の心がけ次第でトイレのつまりトラブルは回避することが可能です。

まず、トイレに流していいのは、トイレットペーパーと排泄物だけだということをしっかりと認識しておかなければいけません。これ以外の物を流すとつまりトラブルの原因になります。例えばよくやってしまうのが、ティッシュです。ティッシュペーパーはトイレットペーパーとよく似ているので、流しても大丈夫と考える人がいますが、ティッシュは水に溶けないので絶対に流してはいけません。

トイレットペーパーは水溶性なので水に溶けますが、だからといって大量に流すとつまってしまう場合があります。名古屋でも、トイレットペーパーを大量に流したことによって、トイレがつまってしまったという事例が後を絶ちません。多くなりそうな時は、数回に分割してこまめに流すのがおすすめです。排泄物は流してもいいですが、口から嘔吐したものはNGです。

どちらも元は食べ物なのだから、流しても平気だろうと考えてトイレに流してしまう人が名古屋にもたくさんいますが、嘔吐物は排泄物と違って、油分などが大量に混じっていますし消化もあまりされていませんから、強力なつまりの原因になってしまいます。名古屋の居酒屋のトイレなどで嘔吐を繰り返している人がいますが、お店に迷惑がかかるのでやめましょう。酔っ払っている人は、スマートフォンやハンカチや財布などを落としてトイレをつまらせるケースも多いので気をつけるべきです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *