Skip to content

名古屋でも節水トイレでつまりトラブル多発

名古屋では水のつまりトラブルが頻繁に起きています。

水のつまりトラブルで深刻なのがトイレでしょう。トイレは、私達の生活に欠かせないものですが、これがつまってしまい使用不能になると、かなりのショックを受けてしまいます。汚水が溢れてきそうになったら、誰もが焦って叫び出したくなるのはないでしょうか。近年、名古屋でも節水トイレを利用する世帯が増えてきています。節水トイレは、汚物を流すときに従来のものよりも少ない水で済ますことができ、水代を節約できるということで名古屋でも人気になっています。

たしかに水代はかなり節約でき経済的ではありますが、この節水トイレには実はつまりトラブルが起きやすいという弱点があります。この弱点の原因は、流す水の量が少ないということに他なりません。それでもちゃんと使用方法を守って使っていれば大丈夫なのですが、よくやってしまいがちな使用上のミスがトイレットペーパーの使い過ぎです。

通常の水洗トイレでも、あまりにもたくさんのトイレットペーパーを流すとつまってしまうことがよくありますが、節水タイプはよりつまりやすいので、ペーパーの使用量にはよくよく注意しなければなりません。節水タイプはトイレットペーパーでもわりと簡単につまりますが、ティッシュペーパーなどを流すと強力につまってしまうので、絶対に流さないように気をつけましょう。もしもつまってしまったら、早く専門の修理屋に依頼して修理してもらうべきです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *