Skip to content

トイレの水漏れの修理は自分でもできます

トイレの水漏れ修理と聞くと、なんか難しいと思う方がいますが、水漏れの原因によっては簡単に自分で修理できます。

水漏れには、色々な原因があります。それにあった修理方法を説明します。トイレのロータンク内でボタボタと音がする時は、ボールタップと浮き球を調べてみましょう。まず浮き球を持ち上げて水が止まらなかったら、止水弁が壊れていますので、新しいボールタップに交換です。浮き球はヒビや割れていたりすると浮いたり沈んだりできないので、しっかりチェックして下さい。

便器内に水がチョロチョロと水が漏れる場合は、フローバルブの原因が考えられます。フローバルブはタンク内の下にある黒いゴム栓のことを言います。流すときのレバーと、このフローバルブは鎖で繋がれています。もし、この鎖が絡まったりしてると、フローバルブが中途半端で開いた状態になるので、鎖がもし絡まっていたら直しておきます。あと、このフローバルブは長年使っていると劣化していきます。

手でこの黒いゴムを触って、手が黒くなったときは交換の合図です。タンクと給水パイプのつなぎ目からの水漏れの場合は、ナットに原因が考えられます。その場合はレンチで締め直します。その時の注意点は、あまり力を入れすぎるとパイプの破損につながるので注意して下さい。それでも漏れが直らないときは、新しいナットに交換して下さい。これぐらいのトイレの水漏れなら、ホームセンターで部品を買えるので自分でできます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *